スムーズに寝ついてぐっすり眠りたい!私が実践している最強のナイトルーティン

習慣・活動

「いつもなかなか寝つけないし、熟睡感がない…」
「質の高い睡眠をとるために、みんなは夜どんなふうに過ごしてるんだろう」

よい眠りを実現するには、寝る前の過ごし方がとても重要。夜の過ごし方が睡眠の質を決定し、次の日の寝起き、そして次の日の日中の活動まで決定するといっても過言ではないと思います。

私も睡眠の質を改善するため、このブログで紹介しているような方法をいろいろ試してきました。そして、その中のいくつかは、今もナイトルーティンとして続けています。

そこで今回は、私が行っている快眠のためのナイトルーティンを紹介したいと思います。皆さんの参考になれば嬉しいです!

ちなみに、モーニングルーティンもこちらの記事↓で紹介していますので、合わせて参考にしてくださいね。

スッキリ起きて朝から元気に過ごしたい! 私がやっている最強のモーニングルーティン
朝スッキリ目覚めて、元気に学校や会社へ向かいたい! そんな思いをお持ちの方に、私が実践している朝の目覚めのためのルーティンをご紹介します。寝起きのための様々なテクニックを取り入れ、以前に比べてかなり元気に出勤できるようになっています。ぜひ参考にしてみてください!
このブログを書いている人
すやすやスリープ

何時間寝てもスッキリしない、午前中は鬱々、遅寝遅起き…
そんな私が、5年以上に渡り、50以上の快眠術を試行錯誤した結果、今では7時間睡眠・早寝早起きに!
その経験を皆さんにお伝えしつつ、今もさらなる快眠を求めて試行錯誤中。

私のナイトルーティン

それでは早速私が実践しているナイトルーティンをご紹介したいと思います。夕飯からご紹介します。

20:00頃 夕食を食べ終える

夕食は寝る3時間前までには終わらせておくのが望ましいと言われています。

消化のために胃腸が動いている状態では、熟睡できないからです。

私は23時ごろに寝るので、20時には夕食を済ませるようにします。

食べる量も八分目くらいにして、胃腸に負担をかけないように気をつけています。

ちなみに、食事の内容にはあまり気を使っていません…。

本当はもっと考えたほうがいいのかもしれませんが、そこまでできていないのが現状です…。

20:00~21:30 自由時間

この時間は、勉強をしたり、ネットを見たり、部屋の片付けをしたりと、自由に過ごしています。

21:30 お風呂に入る

お風呂には寝る2時間前~1時間半前くらいに入ります。

このとき、湯船にしっかりとつかり、体の深部体温を上げるようにします。

深部体温を一度上げてから下げると一気に眠気がくるので、湯船にしっかりつかることで、寝つきがよくなります!

また、以前ご紹介した、こちら↓の首もみマッサージも行って、よりしっかりと深部体温を上げるようにしています。

首を温めて深部体温をあげたら、寝つきが改善してぐっすり眠れた!
睡眠の専門家 白濱龍太郎先生の著書にかかれている1分首もみマッサージを試してみました。深部体温を上げ、寝付きをスムーズにするこのマッサージ。そのすごい効果をレポートします!

22:00 パジャマに着替える

お風呂から出たところでパジャマに着替えます。

質の高い睡眠をとるには、しっかりとパジャマを使うことが重要。

特別なものは使っていませんが、部屋着などでなく、寝るためのパジャマに必ず着替えます。

22:00 照明を暖色にし、暗めにする

寝る1時間前くらいになったら、照明の色味と明るさを変えます。

日中は白色ですが、寝る前はオレンジ色の暖色系に。明るさも暗めにして、夜の雰囲気にしていきます。

使っている照明は、以前紹介したこちら↓の目覚まし機能つき照明。朝になると徐々に明るくなり、自然と目をさますことができます。

【徹底レビュー】パナソニックの光目覚まし照明で寝起きが劇的に改善した!
だんだん光が強くなる目覚ましタイマーがついたパナソニックの照明のレビューです! 目覚まし照明の機能、実際に使ってみた感想、他社製品との比較、ネット上の口コミ・評判、デメリットなどをご紹介しています。効果抜群で超おすすめの照明です!

この照明には、明るさと色味を記憶する機能もあります。

夜はボタンを1つ押すだけで、暖色系・暗めに設定することができ、とっても便利です!

22:05 サプリを飲む

ここで以前ご紹介したGABAとグリシンのサプリを飲みます。

GABAをとることでリラックスでき、中途覚醒を減らすことができています。

また、グリシンは深部体温を下げる効果があり、スムーズな入眠と熟睡に効果を感じています。

睡眠サプリ最強!? GABAを試したら中途覚醒が減って深く眠れた!
個人的に最強睡眠サプリではないかと思っているGABAのサプリのレビューです。GABAの効用、オススメのメーカーのサプリ、実際に飲んでみたレビュー、ネットの口コミなどをご紹介。眠りが浅いと感じている人、中途覚醒がある人などは必見です!
コスパ最強睡眠サプリ! グリシンで眠りが深くなった!
深部体温を下げ、質の高い睡眠を導く効果があるとされているグリシンサプリ。安くて効果がしっかりでるコスパ最高の睡眠サプリで、超オススメ!2年以上使っている私がその効果をレポートします!

22:10 歯を磨く

サプリを飲み終わったところで歯を磨きます。

睡眠とは関係ありませんが、リステリンも使って口臭対策もしています。こちらの紫のリステリンが最強だと聞いて、毎日使っています。

22:15 リラックスタイム

ここからはとにかく寝るための準備に集中します。

具体的にやっていることは、ヘッドマッサージ、目のマッサージ、読書などです。

ヘッドマッサージは、こちら↓の本に紹介されていて、脳疲労を取り除くことで熟睡できるということで、ときどきやっています。

目については、こちら↓の記事で紹介したアイマスクを使って温め、眼精疲労を軽減しています。

コスパ最強! 眼精疲労におすすめのホットアイマスクをレビュー!
眼精疲労にきくホットアイマスクのオススメを知りたいですか? この記事では、繰り返し使えてコスパ抜群のホットアイマスク「リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気」の特長、レビュー、口コミを紹介しています。眼精疲労に悩んでいる方、必見です!

最後に読書ですが、当たり障りのない本を読むようにしています。

マンガや小説を読んでしまうと、続きが気になったり、興奮してきてしまったりして、リラックスできないこともしばしば。

また、私はビジネス系の書籍が好きなのですが、夜に読んでしまうと、「あぁ、そういえばこないだ仕事で失敗したなぁ」といったように嫌なことを思い出してしまい、リラックスにつながらなくなってしまいます。

というわけで、今読んでいるのは、英語で日本のことを紹介している本。

日本の歴史や文化について書かれているのですが、内容的に当たり障りなく、英語は仕事で使うので勉強になります。

22:25 スマホを別室のコンセントにさす

ここからはスマホを見ない時間。寝室とは別の部屋のコンセントに挿して充電します。

スマホのブルーライトが睡眠を妨げるのは有名な話ですが、なかなかスマホ断ちできないのも事実。

私はブルーライトカットメガネも使っていますが、やはりスマホを見ないのが一番。

私にとって一番効果的だったのが、別室にスマホを置いてしまう方法

いったん置いてしまえば、意外に気になりませんでした。

本当は寝る1時間前くらいからブルーライトを見ないほうがよいそうですが、そこまでの我慢はできず、30分前からで妥協しています。

22:30 オンラインヨガをする

最近始めたのですが、夜にヨガをすると、めちゃくちゃ熟睡できます。

やらなかったときとの差も歴然なので、できるだけ毎日やるようにしています。

詳しくはこちらでレビューしているので、ぜひご覧ください↓

23:00 口閉じテープを貼る

私は鼻炎がひどく、どうしても口呼吸になってしまうので、寝るときには口閉じテープを貼って、鼻呼吸になるようにしています。

いびきを防ぐ効果や口の乾燥を防ぐ効果もあるので、オススメです。

口呼吸を防止して鼻呼吸に! 口閉じテープを試したら、いびきにも乾燥にも効果的だった!
寝ている間の口呼吸を防止し、喉の乾燥やいびきを予防する口閉じテープ「ネルネル」のレビューです。口呼吸の問題点から、ネルネルの効果、ネット上の口コミなどをご紹介。私には手放せなくなった最高の商品です!

23:05 ベッドに入る

ヨガを終えて、口閉じテープをしたらベッドに入ります。

寝るときには、枕にアイスノンを乗せて、頭を冷やすようにしています。

これも過去記事でご紹介した方法で、深く眠れることが多いです。

簡単! アイスノンや冷えピタで頭を冷やすと熟睡できると聞いてやってみたら、たしかによく眠れた!
なかなか寝つけない、夜中に起きてしまう。そんな人にオススメな、頭を冷やす方法をご紹介。頭を冷やすとなぜ眠れるのか、具体的なやり方、実際にやってみた感想、ネットの口コミなどをご紹介します。寝つきに悩んでいる方、ぜひご覧ください!

ベッドに入ってからは数分で眠ってしまいます。

他の人のナイトルーティン

それでは、他の人のナイトルーティンも見てみましょう。

YouTubeにたくさんのナイトルーティン動画がありますが、ここでは、睡眠に関することを扱っているものをいくつかピックアップしてみました。

【睡眠の先生推奨】【ナイトルーティン】良い眠りがとれる帰宅後の夜の過ごし方
睡眠障害女子のナイトルーティン
【今こそ睡眠の質を上げよう】眠る前のルーティン&おすすめグッズ紹介【コアラマットレスもレビュー!】#家で一緒にやってみよう #stayhome

まとめ

今回は熟睡するためのナイトルーティンを紹介しました。ポイントは以下のとおり。

  • お風呂やグリシン、アイスノンなどで深部体温をしっかり上げて下げる
  • スマホを遠ざけてブルーライトを浴びないようにする
  • 照明を暗くし、読書などをしてリラックスする
  • ヨガで体と心をリラックスさせる

これらのポイントも大事ですが、そもそも夜のルーティンをつくるということ自体も、寝つきをよくするのに重要です。

ルーティンを繰り返すことで体がそれを覚え、ルーティンを行ったら自然と眠くなるように体が変化していきます。

皆さんもぜひ自分にとって最適なルーティンをつくってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました